尿失禁は骨盤治療で治る|早期治療で症状悪化を防ごう

smile

泌尿器の病気になったら

ヒップ

膀胱炎が多い

泌尿器科は主に膀胱や性器などの疾病の診療を行っています。女性には敬遠したいイメージが根強く、男性が行く診療科だという考えが広く認識されています。ですが泌尿器科は男性のものではなく、特に女性がなりやすい泌尿器の病気もあり、婦人科の診療だけでは十分でない場合も多くあります。泌尿器に異常を感じた時には泌尿器科の専門医がいる病院への診察が強く望まれています。池袋にも泌尿器科が多くありますが、女性が行くのにはやはり抵抗感があり、女性泌尿器科という看板を出して診療をおこなっている病院も池袋にはあります。女性が多くかかる泌尿器の病気に膀胱炎があります。大腸菌などの病原菌が尿の出口から侵入してしまって発症してしまう病気です。

腎不全を起こすかも

この膀胱炎は女性がトイレを我慢することによってよく発症してしまいます。男性は膀胱から尿道口まで長さが20センチ以上もありますが、女性の場合は3センチから4センチと短くなっています。ですから尿道から入ってきた細菌はすぐに膀胱へ到達してしまいます。不衛生にしているとすぐに膀胱炎になってしまいます。池袋でも膀胱炎で治療を行っている女性が多くいます。排尿を我慢していると尿道口が不衛生になってしまい、膀胱炎の原因となってしまいます。膀胱炎が悪化していくと、細菌が膀胱の中だけにとどまらないで腎臓に侵入してしまい、腎盂炎を引き起こしてしまいます。そのままほおっておくと腎不全に陥ってしまいます。膀胱炎になったら早急に対処することが大切です。自分が膀胱炎だとわからない女性も池袋には多くいます。