尿失禁は骨盤治療で治る|早期治療で症状悪化を防ごう

smile

私達に必要不可欠な診療科

看護師

病気になったら

泌尿器科に行く機会がある方は少ないと思います。ですが、泌尿器科とはとても大切な科であり、様々な部分を見てくれるのです。例えば、尿に関してですが、尿が作られるのは膀胱であります。しかし、膀胱炎になったりする際に診てもらえるのは泌尿器科であります。また膀胱炎をそのままにしておくと恐ろしい病気に発展します。その病気とは腎盂腎炎です。この病気は腎臓に細菌が入り込み、悪心や発熱を引き起こします。そのままにしておくと腎臓が壊死してしまう病気であります。最悪の場合は死に至ることもあるのでとても恐ろしい病気なのです。ですのでこの病気の原因となる膀胱炎を防ぐことが大切です。ではどのようにしたら膀胱炎にならないのか説明したいと思います。

予防と対策

膀胱炎の原因は尿道に細菌が入り込むことからなると言われています。ですので、日頃から清潔に保つことが大切です。またそれだけではなく自分の免疫力や抵抗力が弱まっているとそこから菌が入り込みやすくなってしまうため膀胱炎になりやすいです。また、冷えなども関係してくるので注意が必要です。特に女性の方は膀胱炎になりやすいと言われています。これらのことから膀胱炎になってしまったら真っ先にしなければならないことはまず病院に行くことです。そこで最もよく診てくれるのが泌尿器科であります。内科などでも診てもらえますが専門の科でみてもらう方が安心です。ですので泌尿器科はとても大切な科であります。またこの病気以外にも性病なども扱っています。