尿失禁は骨盤治療で治る|早期治療で症状悪化を防ごう

smile

泌尿器の病気になったら

ヒップ

池袋にも泌尿器科が多くありますが、女性には診察をすることに抵抗がある人が多くいるようです。ですが女性に多い病気もあり、婦人科では診療ができないものもあります。膀胱炎はその典型で早く治療をしないと腎不全を引き起こすこともあります。

詳しくはコチラ

尿に関する治療をします

医者

泌尿器科では、血尿や尿漏れ、残尿感、尿が出にくい、夜尿症など、尿に関する症状や悩みを治療します。増加している過活動膀胱には、副作用の少ない新薬も開発されています。女医が常駐する専門医院もあるので、気になる症状は、早めの受診が大切です。

詳しくはコチラ

構造の違い

脚

圧迫性の症状

おしっこは腎臓で作られて尿管を通り、膀胱にたまっていきます。膀胱にたまったおしっこは脳から指令を受けて尿道から排泄されることになっています。女性に尿失禁が多く見受けられるのは、女性の体の仕組みにも原因があります。理由の一つとして挙げられるのは尿道の短さにあります。女性の尿道はわずか4センチしかありません。男性の四分の一の短さで、尿道は男性よりはるかに短いものとなっています。女性は尿道を占める役割をしている括約筋がもともと弱く、男性のような尿道を占める役割を持っている前立腺もありません。恥骨の後ろから伸びている骨盤底筋は出産や肥満、加齢で緩む傾向があるために尿道のしまりが弱くなって、尿失禁が起こりやすくなっています。

そのほかの症状

女性に多くみられるのが思いものを持ち上げたり、くしゃみをしたときに起こってしまう腹圧性の尿失禁です。尿失禁はあって当たり前の症状ですから、何も深く悩む必要もありません。これらの悩みは症状が出ていない人にとっては大変に理解がしにくいものです。相談も気軽にできないこともあります。ですがそのままの状態でいれば、回復する力が下がっていく一方になってしまいます。尿失禁もほったらかしのままだとだんだんと悪くなっていき、回復も困難になってきます。尿失禁のほとんどは腹圧性のものですが、そのほかに切迫性のものや機能性の尿失禁があります。圧迫性のものは筋力のトレーニングで徐々に治ってきますが、そのほかのものは病院での治療が必要になってきます。

私達に必要不可欠な診療科

看護師

人は用を済まさなければ膀胱炎などの病気を引き起こすことになってしまいます。この膀胱炎になってしまうと尿を出すだけで痛みが伴いますので、泌尿器科を訪れ治していく必要があり、そのままにしておけば更なる問題を引き起こします。

詳しくはコチラ